2022年6月4日 ~ 7月2日

「ビジネスと人権」・SDGs ― 企業活動における人権尊重

起業,社会実装知識獲得

神奈川大学

横浜、湘南ひらつか、みなとみらいにキャンパスをもち、8学部および大学院8研究科を有する総合大学

詳しく見るnavigate_next

講座概要

テレビで毎日のようにSDGs関連の情報が流されている。「ビジネスと人権」や「人権デューデリジェンス」という言葉を目にすることも多い。これらは、企業の人権尊重責務に関わるキーワードだが、言葉や概念が先行し、全体像が見えにくいかもしれない。しかし、世界でも日本でも、多国籍企業を含む企業は、社会的責任の一環として、人権尊重責務を問われている。
この講座では、ビジネスが人権尊重責務を問われる背景や意味を考え、ビジネスが向かうべき方向性を展望する。ビジネスマン、公務員、教員やひろく市民など、多様な人びとを対象とした講座です。

講座受講料

一般:10,000円 / 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生:9,000円

申込期間

2022年3月1日 ~ 2022年5月22日

対象者

特に制限はありません

開講形式

ハイフレックス講座(会場開催とオンライン配信の組み合わせにより実施。会場:KUポートスクエア)

定員

20名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。

【ポイント】

◆世界とつながる企業活動
◆企業の人権尊重責務
◆人権マネジメント
◆ビヨンド・コンプライアンス(法令遵守を超えた振る舞い)

※各回講座の詳細につきましては、講座のリンク先をご参照ください

【講師紹介】


山崎 公士

神奈川大学名誉教授
専門は国際法、国際人権法、人権政策。主な著書に『国内人権機関の意義と役割―人権をまもるシステム構築に向けて』(三省堂、2012 年)、編著書に『国内人権機関の国際比較』(現代人文社、2001 年)、『人権政策学のすすめ』(江橋崇と共編、学陽書房、2003 年)、International Comparison of Anti-Discrimination Laws, 2006. 等がある。

※講師については都合により変更する場合があります

関連する授業