2022年6月14日

KU × Circular Yokohama 第2回「世界最先端のサーキュラーシティ・アムステルダムに学ぶ、都市の未来」

起業,社会実装知識獲得

講座概要

サーキュラーエコノミーとは、大量生産・大量消費・大量廃棄を伴うリニアエコノミー(直線経済)に代わる概念です。そもそも廃棄物や汚染が出ない設計を行い(サーキュラーデザイン)、できるかぎり製品や素材を使い続け(リユース・リペア・リサイクルなど)、自然のシステムを再生していく仕組み(リジェネレーション)です。まずは「サーキュラーエコノミーを知る」ことができるよう、その概念の基礎から、国内外の事例、そして実際に活動をしている方の講演も含めて構成しております。個人として、企業として、サーキュラーエコノミーに少しでも興味がある方のご参加をおまちしております。

講座受講料

500円

申込期間

2022年3月1日 ~ 2022年5月31日

対象者

特に制限はありません

開講形式

オンライン(ライブ配信+録画配信)

定員

100名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。

【ポイント】

◆サーキュラーエコノミーの基礎を知ることができる
◆サーキュラーエコノミーの国内外での具体的な事例を知ることができる
◆サーキュラーエコノミーをビジネスとして行うパイオニアの話を直に聞くことができる
◆全世界のサーキュラーエコノミーの事情に精通したプロフェッショナルの見解を聞くことができる

第2回「世界最先端のサーキュラーシティ・アムステルダムに学ぶ、都市の未来」
●サーキュラ―エコノミーとは?●アムステルダムのサーキュラーエコノミー政策

●アムステルダムのサーキュラーエコノミー事例 ●アムステルダムの事例から学ぶヒント
●日本のサーキュラ―エコノミー(黒川温泉ほか) ●日本のサーキュラ―エコノミーが持つ可能性

【講師紹介】

安居 昭博

Circular Initiatives & Partners 代表
世界経済フォーラムGlobal Future Council on Japanメンバー。ドイツ・キール大学“Sustainability, Society and the Environment”修士課程卒業。サーキュラーエコノミー研究家/サスティナブル・ビジネスコンサルタント/映像クリエイター。

加藤 佑

Circular Yokohama/ハーチ株式会社 代表
2015年にハーチ株式会社を創業。社会課題解決アイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」、サー
キュラーエコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜にて「Circular Yokohama」を運営。東京大学教育学部卒。

※講師については都合により変更する場合があります

関連する授業