芦澤 美智子

横浜市立大学 国際商学部 准教授

横浜に再び開港、そしてイノベーションを。

講師略歴

公認会計士、企業再生/変革プロジェクトのリーダー等を経て、2013年より横浜市立大学国際商学部准教授。大学教員初年度より「起業体験プログラム」を実施。その活動フィールドを地域と海外に広げる。地域活動はNPO Aozora Factoryの創業に、グローバル活動は国際会議でユース代表の招待へと発展し、その教育活動成果が認められ、2016年、2018年、2020年と過去3回、大学から表彰されている。
教員2年目より本格的に起業家教育を担当。特に、1年生前期授業「企業家に学ぶ」は、金沢八景キャンパスに入学する1年生の半数以上が履修する人気講座となっている。その後2年次、3年次と続く一連の起業家教育講座から学生起業家も生まれている
また、学内教育だけでなく、学外でもイノベーション創出活動に積極的に関わっており、国内外の産学官連携を得意とする。現在は横浜を中心に、スタートアップ・エコシステム形成に力を注ぎながら、大学発ベンチャー発掘支援、オープンイノベーション支援にも関わっている。

担当する授業